スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あそびにいくヨ!#08 後編

  • 2010/08/31(火) 04:56:38

FLVStill(027)_2.jpgFLVStill(026)_2.jpg
FLVStill(030)_2.jpgFLVStill(032)_2.jpg

きよ鈍感すぎる(;´Д`)

真奈美とアオイは負けたほうが勝ったほうの
言うことをひとつ聞くという条件で実践の勝負
を開始。真奈美はアオイが丘で待ち伏せると考え
裏道を使う。アオイはそれを読み川ではない逆から
来ると考えるが、真奈美は川を使って背後をとりに
きた。突如、雨が降る。その間、真奈美は自分が
きよを本当に好きだと悟った。だけどもう遅いんだね
といい放つ。そして雨が降り止むと、物音がし銃を
打つ。しかし、そこにはヤンバルクイナの姿が。
アオイに位置が気付かれてしまい、打ち合うはめに。
弾が尽き、補充しようとするアオイだったがヤンバルクイナ
を跨いだ時に弾をいれられなくなり、それを見抜いた
真奈美が勝った。
何でも言うことを聞くという条件だったため真奈美は
アオイに、帰ったらキスするよう言うが、それは
無理だというアオイ。ランクをさげてきよくんと呼ぶ
ようにということになった。
そして突如、真奈美の額を何者かが狙う。これは
犬たちがしかけた人間である。アオイはあなたが攻め
で守りという。一人相手へ突撃する真奈美。相手の
撃った弾が近づく、相手が撃った弾より若干速くアオイも
撃つ。アオイの撃つ弾が真奈美の体にあたり服が消える
のと同時に弾も消してしまい、敵二人を拘束。
その時に、犬の元へ送られたのが前編でいったお札を
つけてです。
家へ帰るときよとアシストロイドたちが夕食を完成させて
いた。食事中、勝った真奈美はアオイにきよくんと呼ばせ
ようと何度もチャレンジさせる。
そして言ったのだが、それに気付かないきよ(;・∀・)
にぶいにも程があるといいきよの首を締め上げるww
自業自得すぎる。リアルにこういった人いたら
まじでひいちゃいそう('A`)
以上__ノシ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。